teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:4/100 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

最後の春休み

 投稿者:尾久澪(代表)メール  投稿日:2004年 3月 2日(火)16時00分5秒
  通報
  ようやく一区切りつけることができました。

>けい サン

不正行為が「認定された」場合の処置は教授会で決定されるそうですが、
おおよそ文学部の場合は、実名公表はなしで、
当該科目D、その年度に履修した科目全て1ランクダウン、
という処置になることが多いようです。
なお、文系諸学部の中では、経済学部が実名公表を行っていますが、
学部間で処分の差がある(他学部の処分が甘い)ことに対し、
全学部実名公表をするように申し立てた、というウワサもあります。
まあ、摘発されても不正行為認定されるケースは少ないとはいえ、
まともな人間であるのなら、やらないことに越したことはありません。

>TK サン

この問い合わせシステムは、回答がほぼ確実にもらえることが利点ですが、
条件が厳しく、進級、卒業など重大な問題が生じているケースを主な対象にしている、
と考えられます。
今回の場合は、教職課程センター窓口で学習指導を通して連絡を取ってみるのが確実だと思います(学事には教職の係の方がいません)。
他学部の場合も、まずは学事の担当者に相談した上で対応するのがいいと思います。
このシステムを利用しなくても、直接担当教員に連絡したり、専攻担任に相談したりすることは可能ですので、満足のいかない結果であれば積極的に問い合わせた方がいいでしょう。
過去に一ヶ月以上にも及ぶやりとりで、採点ミスが発覚し、「D」が「A」になったケースもあります。意外と採点ミスは多いのかもしれません。
 
 
》記事一覧表示

新着順:4/100 《前のページ | 次のページ》
/100